エアーカンボーザ( Air Kanbawza )の就航

今まで国内航空会社はエアバガン、エアマンダレー、Asian Wingsの3社で営業していますが、来月の4月2日からAir Kanbawza(エアーカンボーザ)航空が就航が始まります。航空機はATR72-500で64人乗りです。現在は一機のみ運航する予定ですので、全ては午前便のみになり、時刻表は以下のようになります。
今まで国内航空会社はエアバガン、エアマンダレー、Asian Wingsの3社で営業していますが、来月の4月2日からAir Kanbawza(エアーカンボーザ)航空が就航が始まります。航空機はATR72-500で64人乗りです。現在は一機のみ運航する予定ですので、全ては午前便のみになり、時刻表は以下のようになります。
今までは各航空会社はバガン行きの朝便はヤンゴンから6時や6時半の出発となっていますので、早起きが苦手の方はきついと、聞いていますが、新航空のエアーカンボーザは、ヤンゴン~バガンへ8時出発としていますので、非常に便利になります。
国内線もだんだん選択できるようになりましたので、以前よりは改善してきましたと思います。

ミャンマー国内線に新航空会社が誕生!

ミャンマー国内線, Asian Wings
エアマンダレー航空、エアバガン航空、ヤンゴンエアー航空でミャンマー国内線の民間会社が3つありましたが、12月3日よりヤンゴンエアウェイズ航空会社が突然なくなったことで、年末年始の期間は非常に混乱してしまい、臨時飛行機のことで、時間変更もよく発生してしまいました。
ただし、便数が少なくなっている国内線ご利用のため、よいニュースが出てきて、1月27日より『Asian Wings』という新航空会社が就航しますとなります。
最初は人気の観光地であるバガン、マンダレー、ヘーホーの一般的なルートで運航しますが、4月の以降から2機増やして、シットウエ、ガパリ、チャイントンなどへ運航企画だようです。ATR 72-500で70名乗りです。
現在の運航スケジュールは他の航空会社と同じになるようです。

エアーバガン

ミャンマー・エアーバガン
ミャンマーでは民営社であるエアーバガンは今年の5月中旬によりヤンゴン⇔バンコクの国際線を始まるようです。エアバガンは今年の初め頃に購入したAir Bus A 310-200を入れて8機で運航しているようです。また、近々にFokkerF-100を入れる予定で、近い将来にはヤンゴンからシンガポールや昆明へ運航予定をしているようです。