バガン旅行3 「王妃アベヤダナーの胸のうち」

バガン旅行3 「王妃アベヤダナーの胸のうち」
ビルマ語で書かれた歴史書、英雄譚、勇者物語に最も語られ王がいる。最も愛され最も有名な勇者王の一人に、チャンスィッター王がいる。1昨年初めて新首都ネーピードゥで開催されたアカデミー賞授賞式で(2006年の賞は2005年公開された映画が対象)このチャンスィッター王の物語「チャンスィーミン」が、作品賞と主演男優賞をルーミンが受けた。

“バガン旅行3 「王妃アベヤダナーの胸のうち」” の続きを読む

野外ステージショー 2

ダディンチュ祭りの日 野外ステージショー2
毎回盛り上がる野外ステージショーです。ミャンマー語は語尾が消える傾向があるので、「ステーショー」と聞こえます。そのステーショーですが、今回の主な出演者は、ハントゥルイン・ALEX・ピューピュージョーテインでした。まず数名の前座歌手のような出演者がステージで歌いますが。有名でもない歌も下手な歌手には「次にゆけ!!」「次にゆけ!!」の大合唱が観客の間から沸き立ちます。けっこうミャンマー人の観客はシビアで容赦無しです。
いよいよ今人気が沸騰しているハントゥルインの登場です。すでに会場は興奮の坩堝(るつぼ)、ディスコ会場に変わってしまい、右隣で、前で、左となりで飛び跳ねる若者に足を踏まれながら、後ろからはペットボトルの殻が飛んできて頭にぶつかるし、いちいち腹立てていたら野外ステーショーを見る資格は無いのでしょうね。

“野外ステージショー 2” の続きを読む

ダディンチュの祭り(野外ステージショー1)

ダディンチュの祭り(野外ステージショー1)
10月26日は、ミャンマー暦の7番目の月タディンジュ月の満月日でした。お店も会社も官庁もほとんどお休みで、私の周囲にいるミャンマー人も、ある人は田舎に帰り、またある人達はチャイティーヨー(山の頂上の岩の上にパゴダがある、世界秘境の1つ)に登り、またヤンゴン市内で田舎から出て来た人を、パゴダめぐりに連れて行っている人などさまざまです。
私は、田舎から来たスタッフの親戚を連れて、野外ステージショーに行って来ました。ダディンチュがあけると、雨安居の間慎んでいた、結婚式やコンサート、ザップエ(大衆演劇の一座)の公演などが解禁になります。周囲4km以上もあるカンドージ公園内の中にある1つの島(今は橋がかかっている)で、野外コンサートが開かれました。主な出演者は、ハントゥルイン・Alex ピューピュージョーテインです。

“ダディンチュの祭り(野外ステージショー1)” の続きを読む

ダディンチュ祭りの日

ミャンマーでは、本日火祭り又はダディンチュッ祭りの日「灯明祭」
ミャンマーでは、本日火祭り 「灯明祭」 又はダディンチュッ祭りの日ににあたります。今日の時点で雨安居が明けましたという意味です。昨日より、夜になると各家庭は自分の家のいたるところでろうそくをともし、仏様に差し上げるのです。写真は当日のお月様の写真でお月様の周りに大きな丸いものがありました。それは天文学者にはどのような意味を持っているかは分かりますが我々一般の人には理解しかねます。

バガン旅行2 「パゴダと寺院と僧院

ミャンマー国内旅行 バガン旅行2 「パゴダと寺院と僧院」の日記
Photoは、ニューパガンに程近いDHAMMA YA ZIKA PAGODA (ダマヤジカ パゴダ)の上から撮影した夕日です。10月21日 2007年) パガンは年中暑く乾燥した土地である。普通ヤンゴンを早朝便(あまりに早朝すぎるので旅行者には全く不評だが)で到着して、午前中に馬車や車で見て回る。中には自転車で回っている人もいるが、相当の体力がいる。そして昼食をとった後、午後の4時くらいまで休憩するのが、バガン観光の大体のスケジュール。パゴダでは何処でも裸足にならなくてはいけないし、猛暑の中では足の裏も耐えられない。

“バガン旅行2 「パゴダと寺院と僧院」” の続きを読む