今 ヤンゴンは、、、。(雑記)


日本に帰っていた。1ヶ月ぶりに、ヤンゴンからブログをしたためている。ヤンゴンは快晴、平穏無事、事もなし。
1月28日(月) 乾季のど真ん中、雨季までまだ4ヶ月もあるというのに、異常気象か雨が降った。前日には12月からのブログで紹介している、ミャンマーの中央部のジャッパタンで雨が降ったと、現地の友人から電話が入っていた。天気予報も「ヤンゴンでも雨が降る」という知らせだったが、その通りになった。

“今 ヤンゴンは、、、。(雑記)” の続きを読む

ロンジーの値段

ミャンマーの男性用着物 ロンジーの値段
「ミャンマーの中央部 大田村」の一応関連ブログです。村に行く前にジャッパタンに到着した時、友人のAが「得度式にはロンジー着てください」と言う。
バタバタ旅支度して出てきたので、あいにく1枚もロンジーを持って来ていなかったので、ジャッパタンの市場で買い求めることにした。

“ロンジーの値段” の続きを読む

ミンタミー(女芸人)

ミンタミー(女芸人)
ミンタミー(女芸人)
ミンタミーは、王女という意味で、ヨッシン・ミンタミーになると映画女優になる。そして女芸人(舞台で活躍する)も、ミンタミーと呼ばれる。写真のミンタミーは、得度式の為に呼んだミンタミー・テテモーさん19歳。
14歳からトレーニングを受けて5年目、徐々に有名になりつつあるミンタミーらしい。得度式を行うAの家では、すでにサインワインという伝統音楽の楽団は予約していたそうだ。少し予算オーバーになるけどやっぱりミンタミーを呼んだほうが、ステージが盛り上げるというので、急遽ジャッパッタンで探し出したミンタミーだった。

“ミンタミー(女芸人)” の続きを読む

ミンター(男役者)

ミャンマーの芝居のミンター
ミャンマーの芝居のミンター
ミンターは本来 王子さまの意味である。映画スターをヨッシン・ミンターという。
まぎれも無く日本で言う大衆演劇の世界である。午後9時半くらいから始まり、ミンターの踊りやステージが始まるのは午前3時頃、終わるのは明け方の5時に近い。演じるほうも見るほうも体力と根性がいる。9年前にマウンチャンターというミンターのザップエを見たっきり、久しぶりのザップエである。

“ミンター(男役者)” の続きを読む

得度式 (シンピューブエ)

ミャンマーの文化、ミャンマー伝統的な得度式 (シンピューブエ)ミャンマーの一般生活、暮らし、日常ライフスタイル
ミャンマーの文化、ミャンマー伝統的な得度式 (シンピューブエ)ミャンマーの一般生活、暮らし、日常ライフスタイル
村で行われたシンピューブエ、近隣の村人も大勢やってきて、大変な盛り上がりでした。先日紹介した若い弁護士さんの結婚式が総額30万ksくらいで出来たジミ婚でしたが、この村の得度式は豚肉だけでも88万ksかかって、村人にご馳走は振舞われました。総額は220万ks掛かり、村人の寄付で半分は賄うことが出来たそうです。
サインワインという伝統音楽の楽団(15人編成)ミンタミー(女芸人)も呼んでいました。家の前のかなり広い庭にマンダ(仮設舞台)を造り得度式は3日かけて行われました。

“得度式 (シンピューブエ)” の続きを読む