バガンティリピセヤサクラ・ホテル

バガンティリピセヤ・サンクチュアリリゾート -> Bagan Thiripyitsaya Sanctuary Resort
バガンティリピセヤサクラ・ホテル -> Bagan Thiripyitsaya Sanctuary Resort
世界三大仏教遺跡でミャンマーの暫定遺産バガンにあるティリピセヤサクラ・ホテルは3月1日より名称を変えました。名称のみ変えましたので経営は今までの日本人経営になります。新名称はBagan Thiripyitsaya Sanctuary Resort (バガンティリピセヤ・サンクチュアリリゾート)です。

ミャンマーの果物

ミャンマーの果物パパイヤ
パパイヤ、ここでは「ミャンマーパパイヤ」と呼ばれています。なぜならばミャンマーの種からできたからです。中国から持ってきた種で植えたものは「台湾パパイヤ」と呼ばれています。味は甘いかどうかはまだ分かりませんが、ぎっしりと詰まって実っているので植える人のため、大いに満足させます。熟してない内にもパパイヤの皮を剥いて小さくして和え物としても食べられます。

ブロードバンドインターネット接続無料


シャングリ・ラグルプが経営しているほとんどのホテルリゾートで同時にインターネットサービスを行ったようです。そのため、ヤンゴンのトレーダースホテルはホテル内の全ての所からもゲストルームからもブロードバンドインターネット(Wi-Fi)を無料で使用できるようになったそうです。

チャイティヨーで見ましたサル

チャイティヨーで見ましたサルちゃん
チャイティヨーで見ましたサルちゃん。おしゃれをしているか、方耳のみ二つのピアスをつけていました。旅行者からのお菓子をもらったりして、大人しい顔をしていました。もらったお菓子も静かに食べていましたので皆が可愛がっていました。スタッフ達も可愛いと思って写真と取ってきました。

チャイカウッ・パゴダの祭り1

チャイカウッ・パゴダの祭り1
チャイカウッ・パゴダの祭り1
ミャンマーは乾季の終わり、全国各地で満月のパゴダ祭りが賑やかに開催されてる。昨日(2月9日 月曜日 満月)ターリン地区にあるチャイカウッ・パゴダの祭りに行って来た。ターリン地区は、ヤンゴン市街から、川を越えてタケダ地区から全長2kmのターリン大橋をわたって車で40分で行ける。
正確には覚えていないが、多分前回来たのは8,9年前と思う。その時もあまりの人出に驚いたが、今回は月曜日の夜というのに、10万人以上の人出で、パゴダの近所は前に進むのも歩くのも困難なほど、人、人、人の波であった。前回はカメラマンの日本人と行ったが、今回もスタッフ10名と高校時代の同級生で医者の友人を連れて出かけた。
友人はここ10年間に毎年やってくるので、何度か祭りにも遭遇しているがこれほどの人出の祭りは初めてで、祭り会場に多くの店がスピーカーで大音響の音楽や口上を言っているので、ゆっくり話すのもままならない。

“チャイカウッ・パゴダの祭り1” の続きを読む