Main BACK >>
ヤンゴン・ネピドー・ヤンゴン



民間会社のAsian Wings 航空会社は5月7日よりヤンゴンからネピドーへ飛ぶようになります。今までヤンゴン・ネピドーの区間はほぼ毎日で「ミャンマー国営航空 UB」、「FMI Air Charter」で飛んでいます。

Asian Wings は ヤンゴンからネピドーへ【月・火・水・木曜日】の週4回で飛ぶ計画です。運航スケジュールはヤンゴン・ネピドー【07:00発-07:55着】となります。帰りにマンダレーとミッチナーへ続いてからヤンゴンに戻ります。

ネピドーからヤンゴンは週一回のみ運航して、運航時間は【16:00発-16:55着】です。ネピドーへ行く前にヤンゴン/マンダレー/バモー/マンダレー/ネピドー/ヤンゴン という長いルートで回りますので、無事に運航できるか、時間変更が発生するか、など気にします。


ミャンマー観光 : 18:45 : comments (0)trackback (0)
インレー湖 I

パウンドウーパゴダ祭り。今年は9月24日から10月11日まで行われます。

4台の仏像を毎年1度カラウェイと呼ばれる鳥の形をとった船の先端に置かれて、周辺の村々を巡ります。パウンドウーパゴダから出発してパウンドウーパゴダに戻るまで18日間祭りを行われます。

祭りのハイライトは9月30日と10月11日で、イン族伝統の足こぎボートレースの大会が行われます。

カラウェイの船

上記の写真は4台の仏像を乗せて巡りカラウェイの船です。26日に撮った写真でその日はHeya Ywama 村でした。27日にはNga Phe Chaung 村(ジャンピングキャットがあるガーぺー僧院)に移動します。移動する日は朝の7時から始まる。6時半からスタンバイしなきゃ。

お供え

お供え

仏様にたくさんの食べ物を差し上げている。

PSY

お寺の祭りにも「Psy」。



上記の写真は、27日にガーぺー僧院で移って来るとき、お坊さんたちにお供えする料理の準備です。その辺で採ったキノコ。

やかん

上記は、お寺の台所とやかん。


ミャンマー観光 : 13:58 : comments (0)trackback (0)
ミャンマー国際航空の就航する計画



ミャンマー国際航空(MAI)は2014年10月8日より関西とヤンゴン線を定期便として週3便の程度で就航する計画を発表しました。関空発の往路は経由便、ヤンゴン発の復路は直行便になるようですが、時間帯がまだ確実に定めてないようです。

ヤンゴンから早朝の【01:00】に出発して、日本から【13:00】に出発しますとのことで、運航日は【月・水・土曜日】で計画しているとMAI のヤンゴン事務所にて確認できました。

ミャンマー国際航空は日本との定期便は初めてで、茨城空港とミャンマーはチャーター便で運航しています。

全日空も成田から直行便で結んでいますが、成田から日本国内のほかの町までは乗り継ぎの時間帯がよくない所もありますので、関空とヤンゴン空港はうまく結ぶようになりましたら、と関空からの直行便を期待している方も少なくないと思います。


ミャンマー観光 : 16:59 : comments (0)trackback (0)
シットウエ⇔ミャウー(Sittwe - Maruk U)


今までレギュラーのボートが週一回もぎりぎりで走っているシットウエとミャウー区間のボートですが、現地の情報によって毎日でボートが走るようとなります。以下はスケジュール表で、その通りで確実に走ればと思います。

シットウエ・ミャウー

ボートの種類によって3時間、6時間、8時間ほどかかります。3時間ほどかかるのはエクスプレス便と思います。料金も15㌦から25㌦だそうです。


ミャンマー観光 : 16:31 : comments (1)trackback (0)
コメント投稿一覧
jaya | EMAIL | URL | 13/10/19 08:26 | 3MpFQoow |
Kandawgyi 国立熱帯植物園(National Kandawgyi Botanical Garden)

国立熱帯植物園(National Kandawgyi Botanical Garden)

マンダレー管区に属しているピンウールィン(Pyin Oo Lwin 旧名称メイミョ)にはミャンマーで一番大きな植物園、国立熱帯植物園(National Kandawgyi Botanical Garden)があります。

この植物園は海抜1000メートルで、広さは 1.1 km2 あります。

アクセスは、まず飛行機また列車でマンダレーまで行き
ます。マンダレーから車で約1時間半ほどかかります。

国立熱帯植物園(National Botanical Garden)

この植物園はミャンマーで一番有名な公園です。
ミャンマー原産の種【514種】、外国種【74種】で、
竹は【75種】あります。ランは【300種】、
クロトンは【75種】、バラは【25種】あります。
そのほか、薬草も植えています。

また、広さ 169,967 m2 の保護林・保安林もあります。
さらに蝶の博物館、化石博物館もありますので、
非常に面白く見学できると思います。

化石博物館には15種類の動物の化石を展示しています。
また、長さ 4.5m の象牙も展示しています。

その他、ワニ・象・牛・豚・カバ・犀などの
頭、歯、角の部分も展示しています、動物の体全体を
各部分によって細かく見学できます。

動植物の珍しい多様な種を見学することと共に
緑が多く庭園でゆっくりとリラックスできます
ので、時間の余裕があれば是非見に行って下さい。

国立熱帯植物園(National Botanical Garden)

ところで、12月には花祭りを行なっております。
詳しい日程は日にちが近くなってから決まりますが、
祭りは2週間ほど開かれます。


ミャンマー観光 : 14:47 : comments (1)trackback (0)
コメント投稿一覧
荻野 成夫 | EMAIL | URL | 13/02/24 08:26 | yYDBB8L2 |
Facebook ミャンマー最新情報
CATEGORIES
NEW ENTRIES
PROFILE
LINKS
COMMENTS
TRACBACKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2017 - 03  >>
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX
Advertisement