Main BACK >>
街の記憶1  英国植民地時代のヤンゴン

街の記憶1  英国植民地時代のヤンゴン
パンソーダン通りを南(ストランド通り)に向かって撮影。英国時代に建造された壮麗な建築郡が今現在も、商業ビルや市役所の一部として活用されている。高い塔は港湾局。最近バスも新しいものが走行しているので、この写真だけでヤンゴンの街と分かる人はそんなにいないだろう。

1998年の3月から暮らし始めたヤンゴンライフも14年目になった。その間にもヤンゴンの街並みは、猛スピードで変化し続けている。NHKワールドプレミアを今年の2月まで受信していた。テレビばかり見ていて引き篭もりのような生活が続いたので、受信をやめた。

番組の中でブラタモリが秀逸だった。今の東京の街角を、江戸時代は明治の初期はどうだったかを、タモリが実際に路地を歩き、時にCGを使った再現映像で検証して行く、非常に興味深い番組だった。

このヤンゴンも特にダウンタウンと呼ばれる碁盤の目のような街並みは、英国統治時代に整備されたもので、ヤンゴン外大で2年学び、その後ロンドンで1年間留学生活を送った友人が、「変な話だけど、ロンドンってヤンゴンに似てる。実際は逆なんだろうけどね。ロンドンから来た人達が作り上げた街だから似ているのはあたりまえかも」と言っていた。

街の記憶1  英国植民地時代のヤンゴン
港湾局の建物を、ストランド通りより北に向かってシャッターを切った。最近減少してきたサイカーが客も乗せずに通っていた。

例えば、近所に新しいUNITEDショッピングセンターがオープンした。徒歩で3,4分なのでよく利用する。しかし、この場所に以前は何があったのか曖昧模糊で、どうしても思い出せない。人の記憶力とは案外頼りないものである。

ヤンゴン(ラングーン)の英国統治時代を記憶している人達も、今は随分高齢者になられているし、話を聞いても記憶がはっきりしなかったり、明らかに間違っている事もあった。

ミャンマーは、1826年 1852年 1885年、3回の英緬戦争を経て完全に英国領に併合された。

街の記憶1  英国植民地時代のヤンゴン
この壮大なアールデコ用式の建造物は、ヤンゴン管区の裁判所。写真は実は裏側で、正面からしか入れない。ストランド通りも、真横にコンクリート製の新ストランド通りが今まさに建造中。

スコットランド出身の技術将校アレキサンダー・フレーザーと医者のウィリアム・モンゴメリーの設計によりラングーンの街造りが始まったのは、第2次英緬戦争以後で、1860年頃には土地整備が整い、1892年下水道の完
成をもって、当時「東洋の真珠」と呼ばれたラングーンという都市がほぼ出来上がった。

今も英国時代に建造された、瀟洒で堅牢な建物が市内あちこちに散見される。


ミャンマーの旅::ヤンゴン : 16:41 : comments (2)trackback (0)
コメント投稿一覧
Beder | EMAIL | URL | 11/07/20 01:04 | mhor3wws |
荻野 成夫 | EMAIL | URL | 11/07/16 04:32 | kRw6pYEM |
待望の雨が降った。

ヤンゴンは炎熱地獄が続いています。

ミンガラバー

Bederです。ヤンゴンは炎熱地獄が続いています。

室温で35℃以上、深夜になっても温度は下がらず、外は日中は40℃を越す日々がここ1ヶ月以上続いてます。

ヤンゴンに暮らして13回目の夏(暑季2月~5月)ですが、これほど暑い夏も記憶に無いです。気象局の発表では、50年ぶりの猛暑だそうだ。

それで、1週間前から24時間エアコンが効いているホテルに避難してる。朝7時半、ホテルの窓を開けてみると今年初めての雨が降っていた。かなり激し降ったものの、僅か10分間で止んでしまった。

その後小雨が昼過ぎて少し降って、ヤンゴンの乾燥した木々も緑が雨を受けてみずみずしく輝いている。

雨が降ると開花するパダウの花も咲くことだろう。これが一時的な雨なのか、雨季の始まりなのか。もう少し様子を見ないと分からない。水力発電も水不足で停電が続くヤンゴン。電気の供給がまったく無い日もある。

早く! 早く!本格的に雨季になって欲しい。


ミャンマーの旅::ヤンゴン : 14:28 : comments (x) : trackback (x)
ヤンゴン国際空港タクシー

ヤンゴン国際空港タクシー

ヤンゴン国際空港で空港タクシーは今までは「Golden Swallow」と書いてある車が走っていますが、現在はParamiタクシーも走るようになりました。ただし、車の数が少なくて、空港内ではカウンターもありませんので、簡単にレンタルすることはできてないようです。GoldenSwallowが大手のように経営しており、空港内ではカウンターもあります。

基本はParamiタクシーはメーターでチャージしていますが、実際にレンタルすると、ほかのタクシーのように交渉になってしまうのはほとんどです。一応、空港送迎は場所により料金はさまざまですが、時給で借りる場合は1時間/5000チャットとなっているようです。

Golden Swallow社の空港送迎は7ドルになっております


ミャンマーの旅::ヤンゴン : 18:11 : comments (x) : trackback (x)
コメント投稿一覧
荻野 成夫 | EMAIL | URL | 09/08/12 05:04 | Mc9tf3Y. |
ヤンゴンの雨と傘

ヤンゴンの雨と傘

ヤンゴンの雨と傘

雨季が入ったこの時期では一番売れるものは傘と思います。ミャンマーでは強烈な雨が多いからか、もしくは傘の品質が良くないからか、多くの傘が次の雨季シーズンまで持つことは難しい。傘のブランドも「ASAHI, YAMATSU, OSAKA」などのように名をつけているが、日本製ではありません。一本2000チャットから3000チャット(200~300円)位あります。また、UVカットの傘はありますが、雨傘と日傘としては分けていません。(日傘の言葉もありません)

ミャンマーの旅::ヤンゴン : 13:40 : comments (x) : trackback (x)
ミャンマー家屋 正しい窓のあり方

ミャンマーのライフ==日常生活


ヤンゴンに住んでいる。初めてのアパートから、今の場所で3軒目の家屋。

1998年の3月、暑季の真っ只中にこの国にやってきて、エアコン完備のホテル生活を3,4ヶ月続けた。雨季に入って151ストリートの、警察署の真横のアパートで1人暮らしを始めた。ドアは2重、ベランダに出るドアは3重。窓は3重構造である。Photoは、先月お邪魔した友人の家で、北オカラッパという新興住宅地にある。 中流より上の家庭である。

壁は全てタイル張りで、外観も美しい家屋で、以前別の人が住んでいて、家を探していた時に偶然売りに出ていた家だそうで、なかなか美意識がある方が造った家のようだ。その家の窓だけを写してきたのがこのPHOTOで、一戸建ての家も窓はやはり3重構造だ。

部屋から見ると、一番内側が蚊や虫除けの網戸、真ん中がハメ殺しの鉄格子、そして外に開くガラスの窓である。最初に住んだアパートもこの構造だったので、最初家具も何もない部屋で、1人でいるとそれこそ独房に入っているような気分になったものだ。外から盗人が侵入できない構造は、逆にいうと火事でもドア以外から外に出られない構造になっている。

鉄格子も最近は色をカラフルにしたり、アールデコ風のデザインにしたり、インテリアも化粧と同じように人々の関心が高く、最近はデザインのこった家屋が多く建築されてきている。しかし、あいかわらずドアは2重、窓は3重構造で、「自分の身は自分で守る」がミャンマー家屋の基本は、変わっていない。


ミャンマーの旅::ヤンゴン : 19:21 : comments (3)trackback (0)
コメント投稿一覧
ベーダー」 | EMAIL | URL | 09/04/01 12:08 | e7puCtJ6 |
be-da- | EMAIL | URL | 09/04/01 12:05 | e7puCtJ6 |
荻野 成夫 | EMAIL | URL | 09/03/28 05:20 | tOHn3oyM |
Facebook ミャンマー最新情報
CATEGORIES
NEW ENTRIES
PROFILE
LINKS
COMMENTS
TRACBACKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2017 - 04  >>
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX
Advertisement