<< NEXT Main BACK >>
ミャンマーの発酵食品



ミャンマー風の鮨と呼べるかな。ヤンゴンから離れるバゴー町の名産です。ミャンマー語では、nga chin(ンガチん)といいます。
ンガーは魚のことで、チンは酸っぱいということです。生の魚を発酵した食品で、少し酸っぱ味があります。

作り方は、まずすり潰した生の魚を、ご飯や塩で漬け込んで2、3日間ほど自然に発酵させたらンガチんができあがります。



主に使う魚はコイですが、ナギナタナマズ(ナイフフィッシュ)で作ったのはもっと美味しいです。エビを使うこともできますし、エビですと、パズンチンと呼びます。パズンはエビの意味です。



小さいフナで発酵したものは、魚の形のままに作ります。そして、バケツに大きく漬け込んでいるンガチンは必要な重さのみ買うことはできます。その他、一食分の量をバナナやタウンスンという葉に包んで漬け込んでいるものもあります。

作り方が上手なお店ですと、見た目でもきれいで、ご飯は目立たず、丁寧に美味しそうと見えます。食べごろのンガチんは美味しくて、白ご飯と似合いますが、早いうちに食べないと、2、3日間でだんだん酸っぱい味が激しくなります。



食べ方は油をかけ、スライスしたオニオン、小さく切った唐辛子とコリアンダーを加えて、サラダの感覚で作って食べられます。ほとんどのミャンマー人が好きな食べ物と言えます。


食べ物 (FOOD) : 19:32 : comments (0)trackback (0)
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック
Facebook ミャンマー最新情報
CATEGORIES
NEW ENTRIES
PROFILE
LINKS
COMMENTS
TRACBACKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2017 - 03  >>
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX
Advertisement