旬の果物、セインザーウ



今はセインザーウ(Sane・Zar・O)という果物の季節です。イモ類と思いますが、果物の感覚で皮をむいて生に食べられています。今頃は旬になることで、市場や地方などへ行くと道路の両側に山ほど積もっています。少し甘味して、水分たっぷりあります。一週間くらいおくと、水分もたしょう減少してしまい、甘味がもっと出てきます。でも、生の匂いが苦手な人もいます。

DUET ART EXHIBITION



DUET ART EXHIBITION
二人展を開催します。
Mr.KiYooka Michiharu
清岡道治
「MY ILLUSION OF PYU」
千年以上も前に歴史の表舞台から消えてしまった謎のピュー族がテーマです。
遺跡から出土した エビデンスに独特の解釈で,カラフルにピュー族を表現してみました。ピューの遺跡は2014年ミャンマーで初めて世界遺産に登録されています。
1998年~2002年 ヤンゴン外国語大学 ビルマ語科 卒
2014年よりアウンシトゥルイン先生に師事し絵画を基礎から学ぶ。
Ms.Watanabe Kazuko
渡辺和子
「MY FAVORITE MYANMAR」
ヤンゴン外国語大学でミャンマー語を習い。ミャンマー各地に学校を寄付し、今でも年に5回は、ミャンマーを訪問してそれらの学校と地域を回り支援を続けている。ミャンマーの小物が大好きで、水彩画で描いてみました。また、友人のアドバイスで、ピュー族のハンリン遺跡から出土する土器が、縄文土器に似ているというので、日本で製作した、縄文土器と土偶も展示しました。
日時:
16th ~ 21st Jan 2016
9:30am ~ 5:00 pm
場所:GALLERY 65
No.65 Yaw Min Gyi Street, Dagon Township Yangon Myanmar
95ー01ー246317

ブート・ジョロキア


父が植えた唐辛子。トウガラシ属の品種である「ブート・ジョロキア」と思います。ミャンマー語で「アーワーティー」若しくは「カラオゥーティー」といいます。「アーワーティー」の意味が分かりません。「カラオゥーティー」は唐辛子が大好きで、どんな辛さでも大丈夫そうなインド人でも叫ぶほど辛いとの意味です。実際にも激辛で世界一辛い唐辛子として認定されたことはあります。

まだ緑ですが、、、、

だんだん熟してくる。

完全に熟しているし、これは次の種。
通常の唐辛子よりずっと大きいし、もっと良い香りしています。唐辛子が好きな人の話にはその香りが食欲を起こさせると言います。

タディンジュッという楽しい行事


夕べ、各家庭の玄関にろうそくを灯して仏様を迎えました。爆竹を鳴らしてる音もあちこちから聞こえていました。【一時的に爆竹鳴らすと捕まえられるようなりましたが、、)学校のタディンジュッ休みであり、季節も晴れることであり、爆竹の音や子供たちの走り回って遊んでいる声が、タディンジュッという雰囲気をたっぷり感じさせていました。
国さえ安定すれば、政府ももっと庶民のことを暖かく愛情をもってくだされば、人々の生活はもっと優しくなれば、心が安心して、こんな可愛い習慣や行事があるこの国の季節や楽しみがもっと味わえると思います。
、、、、と思っているとき停電になってしまいました!!!
いつもは予告もなく停電になりますが、今回の原因は飛ばした熱風船が幹線の電力ケーブルに落ちってしまったからだそうです。

ミャンマーの発酵食品


ミャンマー風の鮨と呼べるかな。ヤンゴンから離れるバゴー町の名産です。ミャンマー語では、nga chin(ンガチん)といいます。
ンガーは魚のことで、チンは酸っぱいということです。生の魚を発酵した食品で、少し酸っぱ味があります。
作り方は、まずすり潰した生の魚を、ご飯や塩で漬け込んで2、3日間ほど自然に発酵させたらンガチんができあがります。

主に使う魚はコイですが、ナギナタナマズ(ナイフフィッシュ)で作ったのはもっと美味しいです。エビを使うこともできますし、エビですと、パズンチンと呼びます。パズンはエビの意味です。

小さいフナで発酵したものは、魚の形のままに作ります。そして、バケツに大きく漬け込んでいるンガチンは必要な重さのみ買うことはできます。その他、一食分の量をバナナやタウンスンという葉に包んで漬け込んでいるものもあります。
作り方が上手なお店ですと、見た目でもきれいで、ご飯は目立たず、丁寧に美味しそうと見えます。食べごろのンガチんは美味しくて、白ご飯と似合いますが、早いうちに食べないと、2、3日間でだんだん酸っぱい味が激しくなります。

食べ方は油をかけ、スライスしたオニオン、小さく切った唐辛子とコリアンダーを加えて、サラダの感覚で作って食べられます。ほとんどのミャンマー人が好きな食べ物と言えます。