シャン族のヌードル・ミーシエ

日本人にとって食べやすいと、よく言うシャン族のヌードル。シャンヌードルとまとめて言いますが、いくつかの種類があります。また、シャン州が広いため、それぞれの地域により作り方も味も異なります。米の麺が基本でシャンカウスエ、ミィーシェ、トフーヌェーなどがあり、よく食べているのはシャンカウスエというヌードルです。

私はお店によりメニューのこだわりがありますので、あまり知らないお店でしたらシャンカウスエよりミーシェを食べてしまいます。

自分が毎日、通って行く Gandamar Whole Sales 敷地内に Si Taw Gyi Cafe お店があります。タウンジーから来て開店しているようで、シャンの麺は米や小麦の両方もあります。それ以外に紅茶、コーヒー、焼きお餅、揚げ豆腐、シャンのほかの食べ物もあり、メニューがそろっています。

3、4回ほど行ったが、今日はミーシェを注文した。お店のお兄さんが「タウンジーミィーシェですか」「マンダレーミィーシェですか」と聞かれて違いを聞きました。タウンジー・ミィーシェはスィトフー(発酵させた豆腐)と赤いソースをかけています。マンダレー・ミィーシェはペーボ(soybeans、という納豆のようなもの)をかけています。

タウンジー・ミィーシ
ミーシエのスープは別に出る

今まで食べてましたのはペーボをかけたものでしたので、タウンジー・ミィーシェを注文した。お肉は鶏肉と豚肉で選べますが豚のほうが美味しいと思う。出てきました!

思ったよりイメージが違って、米の麺はシャンカウスエの麺と同じ細いです。赤いソースを少しかけておいて、麺の味がスィトフーのせいか、少し酸っぱかったが、スィトフーの味はしなかった。今まで食べたミーシエと全く違う味でした。

朝はやっぱりミャンマー・ティーはベスト

やっぱり、マンダレー・ミィーシェの方がおススメです!
マンダレー・ミィーシェは麺が少し太く、米粉か何かの汁をかけたそうでスルスルと食べやすいです。

世界遺産、バガン

ミャンマーは文化遺産がたくさんある豊かな国です。その中、最も
世界遺産として知られているバガン遺跡はやっとユネスコの
世界文化遺産に登録されることが7月6日に決定しました。
おめでとう!バガン

http://www.globalnewlightofmyanmar.com/43rd-session-of-world-heritage-committee-designates-bagan-as-world-heritage-site/?fbclid=IwAR1z0m0GA9AcexM1PJBR4a6_ky9pE2WtgBqVicghzT3b9EewLZijwru1P

https://whc.unesco.org/en/list/1588/

以前撮った写真、日の出のバガン

最近は遺跡から夕日を鑑賞することはできませんので
丘から見ています。上記はSulamani 丘より見た夕日。

ラーメン・セット

お客さんのご馳走でパークロイヤルホテルの「四季亭」レストランに楽しくラーメンセットを頂きました。お昼のみ食べられまして「10ドル」のセットメニューです。写真のとおり、ラーメン、餃子3個、野菜かけたご飯が出てきます。最後はフルーツデザートが出ます。味もよく、量も十分ですので手頃な値段で美味しく食べられます。ラーメンは、

①とんこつラーメン、②味噌ラーメン、③スパイシー醬油ラーメン、④チャーシューラーメンと⑤カレーうどんから好きな一つが選べます。私はチャーシュー・ラーメンを食べました。

実は、おそばは大好きですが日本のラーメンは苦手です。
日本で食べたときのラーメンは塩辛いでしたので(自分の勝手な思いかも、又はお店によるかも)あまり好きではなかったが、Shiki-Teiで食べたその日のラーメンは私の認識を見直してしまうほど、美味しかったです!
美味しくて、美味しくて帰り道にラーメンの話題ばかりでなかなか終わらせられなかったです。ラーメンが苦手な私さえ大好きなラーメンでした。

これは「とんこつラーメン」でした。
私は食べたのは「チャーシュー・ラーメン」でした。

明けましておめでとうございます♪

明けましておめでとうございます。

時間が経つのは早くあっという間に「2018年」が終わり、
新しい2019年が到来しました。

今までのご縁を感謝しながら、いつものように本年もより
一層尽力してまいりたいと存じておりますので、
何とぞご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様にとって、素晴らしい年であることをお祈りしております。

ヤンゴン国際空港のシャトルバス

ヤンゴン国際新空港にはターミナル1、ターミナル2、ターミナル3として3つであります。ターミナル1とターミナル2 は国際空港(International)で、ターミナル 3は国内空港(Domestic)です。

その3つの空港内は繋げていませんので移動はたしょう不便です。

例えば、国際線で到着後、乗り継ぎで国内線を乗って地方へ行くとき、又は国内線から乗り継ぎで同日に出国するときは荷物を持ち歩くの非常に大変です。特に暑い気候、雨の気候の時はもっと大変です。

空港の無料シャトルバスがありますが、今までは未確認でした。先日は国内から国際へ移動するため、看板の前に(乗り場)へ行って待ってみましたら、ちゃんと車が来ました!車は看板に載っているワゴン車で、運がよかったかもしれませんが、5分間も待たずやってきました。本当に便利でした!

回り方は写真のとおり、【T1⇒T2⇒T3】に行って【T3】から【T1】
に戻って一周回っています。

営業時間は毎日【05:00時~21:00時まで】です。
20分間おきに出ています。

助かりました!