Main
環状線に乗って、地元の生活を、、、、。

ヤンゴン駅から出発する環状線。一周は約3時間位かかります。ミャンマーの列車は一般の生活を見学できる場所です。列車の中では物売りもやってきて、大きいな荷物も載せてきています。ミャンマーでは列車代は非常に安いです。一人を20チャット、荷物は100チャット位です。

ヤンゴン駅から走ってきた列車はデニィンゴン駅に着いたら、下りて見て下さい。降りたすぐのホームで市場になっています。ホームの隣では大きいなローカル的な市場が見れます。

ホームでの市場です。

ホームで自由に売っています。

列車が止まったとたんで、待っている物売りの人たちが野菜などの荷物をドンドンと列車に載せてきます。最初から降りるか、もしくは皆が乗ってから降りるか、になります。そうでもないと、もう降りれない状況です。

ホームでの市場です。

降りる人達は乗ってくる人達と押し押し合いながら降りないと、、、、。

その周辺では一番大きな市場です。ヤンゴン中心部からもヤンゴン市外からも購入しにきています。卸売り市場ですので、食糧の材料、野菜、日常生活に食べているもの、お肉などなどは普通の市場で買うより2~3倍安くなっています。小売もありますので、家庭の買い物も問題はないです。

列車に乗せようとしている物売り

列車に乗せようとスタンバイしているから、降りる人達は足の置き場はない。

上から見えたダニィンゴン市場

デニィンゴン卸売り市場を上から撮った場面。

きれいな列車ではありませんが、ヤンゴン観光でお時間がある時は挑戦してみてください。本当のミャンマーの生活を覗くことはできますので、オススメです。

列車からぶら下がって

走行中で写真のようにぶら下って、体を半分位に外へ出して乗っている。
危険ですので、駅員達は注意していますが、聞かないです。


ミャンマー観光 : 18:02 : comments (x) : trackback (x)
インレー湖のランの花

インレー湖のランの花ミャンマー旅行業協会(UMTA)の主催で欄の見本市をインレー湖

インレー湖のランの花
Photo By Weekly eleven journal

ミャンマー旅行業協会(UMTA)の主催で欄の見本市をインレー湖で今年の4月に2回目、開かれる予定です。【4月3日から5日まで】ニュンシュエにあるMay Haw Nanホテルで行われます。去年も欄の見本市へ大勢の観光客は来られましたため、毎年で展示することになっています。インレー湖の風景や自然は訪問者に魅せられてしまうため、有名な観光地になっています。欄の展示の機会を利用して、インレー湖の観光も味わえますので、是非お足を運んで下さいませ。

ニュース (NEWS) : 15:43 : comments (x) : trackback (x)
2010年 初旅行 (マグウェからネーピードゥ他)

シュエセッドー・パゴダがある川原に1年に数ヶ月だけ出現する幻の町
シュエセッドー・パゴダがある川原に1年に数ヶ月だけ出現する幻の町

タウンドゥインヂーにあるヤカインパゴダ 修復中で、すでに70メートル以上ある。ここまで高いパゴダは、パガンにも存在しない。又時代もパガンより古い
タウンドゥインヂーにあるヤカインパゴダ 修復中で、すでに70メートル以上ある。ここまで高いパゴダは、パガンにも存在しない。又時代もパガンより古い

2世紀から4世紀にかけて栄えたピュー族のベイタノー遺跡
2世紀から4世紀にかけて栄えたピュー族のベイタノー遺跡


5泊6日のミャンマー国内旅行から戻ってきた。2010年度の初旅行になる。
今回の旅行はヤンゴンを基点に、ミャンマーを上空から見たとして、マグウェを西にネーピードゥを東に逆三角形になるコースを時計回りに回った。


マグエ→ベイタノー→ネーピードゥ
 ↑         ↓
    ヤンゴン

ベイターノの東に、タウンドゥインヂーという古い町がある。この町にも修復中(2012年完成)の巨大パゴダがあった。歴史的にも規模的にもミャンマー有数のパゴダである。

偶然立ち寄っただけだが、修復現場の役人に話を聞くと相当古いヤカイン族のパゴダで、これまでに本やガイドブックでも取り上げられたことがないと思う。 

ココからネーピードゥまではなだらかな低い山を、少し上っては少し下り、右に左に回りながら4時間山中をジープで巡りながらたどり着いた。

マグウェからだと西から東に、ネーピードゥまで6時間の行程である。

今回の目玉というか目的は、ビルマ族がこのミャンマーという土地に出現する以前に栄えたピュー族の遺跡ベイタノー(2世紀から4世紀)に行くことだった。

同行者の友人(ジープの持ち主で運転者)の好意で2日間にわたって、この遺跡に行けた。

又去年の10月に行ったばかりのマグウェだったが、4日間滞在して町を回ると、以前は小さな町という印象だったが、ぐるぐる回るとかなり大きくて、ネットカフェが15軒、経済大学以外の大学は全部あるという大きな学園都市であることも分った。

やはり1度来ただけで、すべてが分るわけでもないし、通り過ぎただけの旅行記がよく間違いだらけなのは、その辺に原因がある事も今回痛切に感じた。

ミャンマー人が一生のうちに一度は行きたいシュエセッドー・パゴダも、前回10月には無かった川原に幻の町が出現していた。

祭りは3月と聞いていたので、何も期待しないで友人が行きたいというので同行しただけだったが、祭りは1月17日から5月まで開催されとかで、祭りまで1週間というので、すでに来ている参拝者もいた。

その祭り期間中は1万人の町になるという「幻の町」が川原に建設中だった。長さ15メートルほどの橋も4箇所すでに造られている。

そして祭りが終わるとすべて取り壊される。故に期間限定の「幻の町」といわれる所以である。きちんとした計画もしないで行った旅だったが、思いがけず収穫の多いものになった。

詳しくは、ゆっくり報告してゆきたい。


ミャンマーの旅 : 08:36 : comments (x) : trackback (x)
明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本日より2010年になりました。2年間、観光産業は厳しくなりましたが、2009年の年末より観光客が増えて来て、観光旅行に関わる仕事らも安定になりましたと思います。ミャンマーへお越しくださった皆様にどうもありがとうございました。

2010年も引き続き宜しくお願い申し上げます。
新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。


その他 : 00:01 : comments (x) : trackback (x)
Facebook ミャンマー最新情報
CATEGORIES
NEW ENTRIES
PROFILE
LINKS
COMMENTS
TRACBACKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2010 - 01  >>
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX
Advertisement