到着ビザ(アライバルビザ)

ミャンマー旅行組織(Myanmar Travel Association)よりお知らせは届きました。
お知らせは2012年6月1日からヤンゴン空港にて到着ビザ(アライバルビザ)を発給していただくようになります。この到着ビザはビジネスの入国のみで、観光のため、到着ビザはまだ予定がなさそうです。
Business Visa/ビジネスビザ 70日間滞在【50ドル】
Entry Visa / エントリービザ28日間滞在【40ドル】
Workshops/Events/Meetings 24時間滞在【20ドル】でなります。
以下のサイトにもご参考をくださいませ。
http://www.mip.gov.mm/visaonarrival/

ミャンマーE-visa(オンラインビザ)

困難しているミャンマーのビザは緩和してきましたようで、2012年4月1日よりオンラインから申請できるようになりました。以下のサイトまでご閲覧してください。
http://www.myanmarevisa.gov.mm/index.html
ただし、一ヶ月位は試しの期間として様子を見るらしいです。うまく行くようであれば、続く計画です。

タイのミャンマー大使館でのビザの取り方

バンコクのタノンパン(パン通り)にミャンマー大使館のビザセクションの鉄格子のようなドアがある。
ミャンマー大使館の行き方
BTSを利用。(S5)SURASAK駅改札口を出ると右前方にHONDAの会社が見えるサイドから降りて、HONDAの方に行かずに、列車の進行方向と反対方向に徒歩5分パン通りに出る。
毎回ここでビザ取りしているが、去年の10月、今年の3月にもビザ取りしたが、相変わらず館内の掲示板に、申請用紙は2枚とアライバル時に使う用紙(小)写真3枚必要と書かれている。しかし、実際は申請用紙は1枚のみ、アライバル時に必要な申請用紙は現在は不用。写真も2枚。それが去年10月からそのまま変更されていない。
旅行者が何も情報を持たずに大使館のビザセクションに来たら、、壁に書かれている必要事項だけが頼りだというのに、、、。
また写真は背景が白のみ、また以前無料でおいてあった申請用紙はこのセクションには1枚も置いていない。
じゃどうすればいいのか、私も去年行った時、写真のバックが青(ミャンマー国内でビザ継続などには何の問題もなかったが)はだめだと言われた。
そして、パン通りに出て右に200米行けば、写真屋があると教えられた。道に矢印が表示してある。
 そこでパスポートのコピーも1枚用意し、写真は白壁を背景に撮影して5分くらいで渡してくれる。また申請用紙もここで売っている。
さて気を取り直して、再びビザセクションに、
狭いカウンターに、1から4のナンバーが書いてある。
まず最初に必要書類 パスポート 写真などを持ってカウンター《4》に並び、ビザの種類別に「順番の番号表」を貰う。
カウンターの上部に電光掲示板があり、3種類のビザ別にナンバーが表示される、自分の番号になったら、カウンターの窓口に行くのだ。
《1》は、ビジネス、ソーシャル、エントリービザ 《2》は、観光ビザ 《3》はタイ人専用
申請受付時間は9時から12時まで
(午前中のみ)
受け取りは翌日の 3時半から4時半の1時間。
受け取り時も、カウンター《4》に並び「受け取り番号カード」を貰う。
カウンター《1》がビジネス、ソーシャル、エントリービザ
《2》その他の観光ビザ タイ人もここでビザを受け取る。
申請も受け取りも、20分前くらいに行ったが、
すでに50名くらいの人が並んでいた。早めに行ったほうが安心できると思う。
また1日で取れるEXPRESSは、基本料金1440+ 675バーツ これはカウンター1のビザなので、観光ビザはこれよりも安いと思う。
1日で取れる(といっても午前に申請午後に受け取り)Expressは、
エアーチケットのコピーの提示が必要。
(私はコピーを用意して行ってなかったが、係員が親切だったのかやってくれた)
注意事項
ビザがもらえるまで、パスポートが使えない。
したがってホテルのチェックインやトラベラーズチェックの使用どが出来ないなどを念頭において行ってください。
注意事項2
タイのミャンマー大使館は、タイとミャンマーの祭日も閉館なので、そのあたりも事前に調べてください。

アライバルビザ(査証)再開のお知らせです。

Yangon Airport Internation</p>
<pre></pre>
<p>al
これまでミャンマー入国する時に取得できるアライバルビザ(査証)について、事前の申請が必要であった旧制度アライバルビザは、本日から再開すると、UMTA(Union of Myanmar Travel Association)より発表されました。
旧制度ですので、2週間前までにホテル観光省でビザの申請を行います。観光省の次は入管へ続いて申請することになります。そして、最後に出てくるビザの証明書をそれぞれの航空会社やお客様の手元へ送付することになります。
詳しくは弊社 gg@yangon.jpまでお問合せ下さい。

アライバルビザとミャンマー国際航空

ミャンマー国際航空とアライバルビザ
Photo: Weekly Eleven Journal
アライバルビザは内務省より扱われて、ミャンマー大使館が存在してない国のみアライバルビザの申請ができています。
本日より出ているニュースではカンボジアーのシェリムアップからヤンゴンへ2月23日に就航している、ミャンマー国際航空(Myanmar Airways International )をご利用すれば、空港で取得する到着ビザが発行してくれると言われています。国籍を問わず、このルートをご利用する誰でも到着ビザが取得できます。
ところで、飛行機の時刻表は
シェリムアップ/ヤンゴン 8M-402便(1210発-1310着)
ヤンゴン/シェリムアップ 8M-401便(0900発-1110着)
運航日は【水曜日と土曜日】になります。
ただし、ミャンマーは変化が早いため、最新な状況についてはご訪問する前に再度の確認が必要です。