インレー湖の思い出

インレー湖の織物工房。お祖母さんたちが一生懸命、働いてる姿はものすごく感動しました。公務員だったら今の年齢ですと、退職させているかも知れません。今、あちこちでいくつかの工房がありますが、チャインカン村は蓮を最初に採った村だったそうです。
この織物工房は蓮から繊維をとって、その繊維で織りました。

一生懸命に働いてるお祖母さんたち


蓮、一本の茎を折るとたくさんの繊維が採れて、その繊維の数十本をねじると一本の糸になる。

蓮で作られた商品、ショールやマフラー。蓮の袈裟もある。

雨が降ったばかりのインディン遺跡!素晴らしい!!

インディン遺跡で見られたパラウン族

インレー湖で食べられたアボカドサラダ!!!
普通はジュースとして飲んでいるアボガド。インレー湖ではサラダとして、初めて食べた。さっぱりで上品な味。美味しかった♪♪

インレー湖の美しさ!!!

日本の歌のミャンマーバージョン「その4」


ミャンマーの歌のタイトル:Ko Ta Youk Htel
日本の歌のタイトル :時の流れに身をまかせ
テレサテンの『時の流れに身をまかせ』の曲をミャンマーの作詞家メイトウ(May Thaw)がミャンマー語で作詞した歌です。
歌手は前回と同じ女性のチャン・チャン(Chan Chan)です。なぜだか分かりませんが、メイトウが作詞した歌は日本の曲が多いです。
今回のミャンマー語の内容は日本語の歌詞と少し似ています。
「大好きな彼と別れてしまいました。でも、今でも彼のことを忘れられません。他の人は愛せない、一生彼を愛しています。この愛を抱いて残りの時間を過ごしたい。いくら辛くても彼が戻るのを待っています。」
こちらで聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=yoqNNvFECLY

雨季が到来しました。


今日も朝から大雨です。もうこれで雨季になってしまうと思います。ミャンマーは雨期、夏、秋の季節がはっきりしているようで、雨が降ったときから雨量が大いに多く始まりました。ですので、今まで40℃ほど温度が高まって、毎日が暑かったのは嘘だったようで、雨期という様子が一変してしまいました。

これからジメジメ、うっとうしい毎日が10月まで続くと思います。

お正月のセット(瞑想、パダウ、水掛祭)

お正月の水掛祭りは終わりました。

水掛祭りを参加する人も多いですが、瞑想センターに入る人も少なくないです。お寺によって、7日間若しくは10日間で好きな計画を選んで瞑想することはできます。通常は、お寺で寝泊りして、早朝の4時半から始まりまして、夜の9時ごろに一日の瞑想が終わります。

瞑想する人をミャンマー語で「ヨーギー」と呼びます。8戒を守るため、ヨーギーも正午から夕食は食べられません。悟りへの道と言われますが、そこまで「Paramita」が強くないですが、平和な毎日が過ごせました。
http://en.wikipedia.org/wiki/P%C4%81ramit%C4%81
ヤンゴンを離れているお寺で、敷地が非常に広くて(45エーカー)緑が多いです。長期間で滞在して瞑想できるお寺です。一番、年齢が高いヨーギーは88歳です。年齢に負けず瞑想を頑張っています。お寺で15年前から入ってきましたそうで、死ぬまでそこで入るようです。

お正月の花であるパダウ(Padauk)の木もたくさんありました。13日には大雨が降りましたことで、15日はパダウが朝から満開でした。パダウの香りはお寺に流れていました。寿命が短い花ですので、翌日のお昼にはしとしとと降る雨のように、パダウは微風にチラチラと散って行きました。

ヨーギーとして撮っては行けませんが、なにがしか心に残るところがあって、気が付かないうちに時計として使ってた携帯で撮ってしまいました。煩悩・・煩悩・・煩悩・・断ち切るのは難しいです。

エアー・マンダレー航空の再開

Air Mandalay
2014年12月12日から突然、運休になりましたエアマンダレー航空会社が4月から再開運航するようになりました。4月はヤンゴン⇔シットウエ区間のみ運航していますが、スケジュールも出ており、5月から以前と同じほかの区間も運航する計画です。水祭り期間は休みになります。
運休になったのは機材のリース契約を更新できなかったからだそうですが、航空会社より現地ジャーナルに運休の理由を説明したのは機材の保守と点検するためですとのことです。
エアマンダレーは1994年に設立した、ミャンマーで初めての民間航空会社です。次はヤンゴンエアー(Yangon Airways)で、1996年に設立しました。