かわいいOoredoo の列車です


朝7時ごろに事務所へ行っている途中に見えました列車です。たぶん、ミンガラドン行きの列車と思います。踏切がある道路ですので、列車が通ってくる前に通行止めにされます。
この時間に通る列車の全体がOoredoo 通信局の広告が張られています。列車が好きですので、写真を撮りたかったが、いつも都合が合わなかった状況でした。今日は、通行止めの一番前に車が止めるようになって、ちょうどOoredoo 広告の列車が通ってきまして、写真を撮れるようになった!!!
乗り物の中で、列車が一番好きだからかもしれませんが、見るだけでも嬉しくさせる乗り物です。

ちなみにミャンマーの鉄道が開発できるよう日本の援助を頂いているそうです。道路の渋滞がもの凄くひどくなっているヤンゴンで早めに列車の数が増加すれば、これ以上鉄道が開発すれば、よいですねと期待しています。
ただ、いつかのろのろで走るこのような列車もなくなりそうですので少し悲しいです。

日本の歌のミャンマーバージョン「その5」


ミャンマーの歌のタイトル:Shan Pae Poke Lay Kyuntaw
日本の歌のタイトル   :北国の春
ミャンマー人の歌手が日本の曲をミャンマー語で歌っている、
その⑤
千昌夫の『北国の春』の曲をミャンマーの歌手 Sai Hsai Mawt(男)がミャンマー語で歌いました。
Sai Hsai Mawt はシャン民族ですので、歌詞はシャンの伝統的な食べ物(大豆)を中心してふるさとの自然、優しさ、美しさを表している曲です。大豆は Shan Pae Poke といいますが、日本の味噌のような感じです。
出身地のシャン州への愛着を強く感じて、自分のことをShan Pae Poke と呼ばれても、それはシャン族の誇りと思い、自分自身も『僕はShan Pae Poke です』と言います。そして、歌から自分のふるさとのことを伝わって訪ねて見るよう招いている歌です。
こちらで聴けます。

https://www.youtube.com/watch?v=NKq4kmDIAKc

インレー湖の思い出

インレー湖の織物工房。お祖母さんたちが一生懸命、働いてる姿はものすごく感動しました。公務員だったら今の年齢ですと、退職させているかも知れません。今、あちこちでいくつかの工房がありますが、チャインカン村は蓮を最初に採った村だったそうです。
この織物工房は蓮から繊維をとって、その繊維で織りました。

一生懸命に働いてるお祖母さんたち


蓮、一本の茎を折るとたくさんの繊維が採れて、その繊維の数十本をねじると一本の糸になる。

蓮で作られた商品、ショールやマフラー。蓮の袈裟もある。

雨が降ったばかりのインディン遺跡!素晴らしい!!

インディン遺跡で見られたパラウン族

インレー湖で食べられたアボカドサラダ!!!
普通はジュースとして飲んでいるアボガド。インレー湖ではサラダとして、初めて食べた。さっぱりで上品な味。美味しかった♪♪

インレー湖の美しさ!!!

日本の歌のミャンマーバージョン「その4」


ミャンマーの歌のタイトル:Ko Ta Youk Htel
日本の歌のタイトル :時の流れに身をまかせ
テレサテンの『時の流れに身をまかせ』の曲をミャンマーの作詞家メイトウ(May Thaw)がミャンマー語で作詞した歌です。
歌手は前回と同じ女性のチャン・チャン(Chan Chan)です。なぜだか分かりませんが、メイトウが作詞した歌は日本の曲が多いです。
今回のミャンマー語の内容は日本語の歌詞と少し似ています。
「大好きな彼と別れてしまいました。でも、今でも彼のことを忘れられません。他の人は愛せない、一生彼を愛しています。この愛を抱いて残りの時間を過ごしたい。いくら辛くても彼が戻るのを待っています。」
こちらで聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=yoqNNvFECLY

雨季が到来しました。


今日も朝から大雨です。もうこれで雨季になってしまうと思います。ミャンマーは雨期、夏、秋の季節がはっきりしているようで、雨が降ったときから雨量が大いに多く始まりました。ですので、今まで40℃ほど温度が高まって、毎日が暑かったのは嘘だったようで、雨期という様子が一変してしまいました。

これからジメジメ、うっとうしい毎日が10月まで続くと思います。