ヤンゴンで走る女子専用バス

ヤンゴンで走る女子専用バス
Photo By Weekly Eleven
女子専用バスはヤンゴンで初めて走るようになりました。今は5つの線から2台で出て、朝と夕方のラッシュの時間帯に出ています。朝は【7時~10時】、夕方は【16時~19時】です。今は臨時で走らせていますが、うまく行けば、続ける予定です。カップルはあまり好ましくないかもしれませんが、女性ひとりは喜んでいます。長く続けるよう、祈ります。

非常に歴史が深かったティリミンガラー市場

非常に歴史が深かったティリミンガラー市場
Photo By Weekly Eleven Journal
非常に歴史が深かったティリミンガラー市場(Thirimingalar Market)は以前の場所から新しい所へ去年の12月より移転されました。以前はヤンゴンのチミンダイン区にに位置しましたため、場所的から言うとダウンタウンにも近いし、ティリミンガラゼィバス停で降りれば誰でも分かりますので、とても便利でした。ヤンゴンでは最も大きな野菜、干し魚など食料の材料が入手でき、市内・郊外の160の朝市から買いに来ているる卸売りの市場です。年中は無休で24時間は営業している市場です。
有名な上に、手ごろの値段で購入できますので、とても賑やかでした。もちろん、交通の渋滞もものすごく混んでいます。その理由で現在の場所へ移転されましたと思います。現在、転居しました場所はパダウッチャウンの近く、ライン区になります。ライン区は中心部から離れてあり、交通なども不便な所です。アクセスや場所移動でまだ知られてないため、買い手もまだ少なくなっているますので、売買率も減ってきたと、売り手の人たちが泣いています。
現在の住所は:Near of Padauk Creek, Bayint Naung Road, Hlaing Township

YKKOのチェーオー

ヤンゴンで楽しめるチェーオー
ヤンゴンで人気が高いYKKOのKya Oh(チェーオー)の新しいお店がもう一軒増えてきました。場所はヤンゴン中心部から多少は離れている八マイルのジャンクションです。どこの支店でも来客が多くて、人気が一番高いお店です。YKKOの支店は6件位あります。
チェーオーは汁にビーフンやお肉を入れて熱々で頂く料理です。そのほか、Kay Oh Si Chat(チェーオースィーチェ)麺と汁が別々に出ているものもあります。麺をいためるときに鶏肉で味を取った油を使います。
チェーオーもスィーチェも、種類はチキン、魚のミートボール、ポークの3種類の中からセレクトできます。また、通常に出るソーメンくらいの細い麺もあり、太い麺もセレクトできます。食べやすいし、美味しいですので、思い出の一品になると思います。料金は2700チャット~3000チャット位です。

ヤンゴンのジャンクションモール

ヤンゴンのジャンクションモール
ヤンゴンのジャンクションモール
最近出来上がりましたジャンクションモールです。設計や建築が現代的になって、海外の建物と似ているといわれています。建物内ではいつものようにシティマット(City Mart)、服装のお店などが入っています。そのほかでは電気製品、携帯屋、メガネ屋、遊園地もそろっています。もちろん、食堂もあり、ホットポットに有名な(料金も高い)シュエカウン、Happy Cafe、タイ料理のお店等も出ています。
そのジャンクションモールの特徴はミニ映画館が2件もあることです。ヤンゴンのショッピングセンターでははじめて映画館が入っている所です。ただし、映画館のチケット代は1500~6000チャットになっていますので、通常の映画館より高くなっています。普段の映画館では600~1800チャットです。カップル用の座席は4500チャットです。
朝9時に開店して、夜の9時に閉店しています。

タイの衛星をミャンマー

衛生の値段が65000チャットです。最初が10万以上でしたが、値下がりになりましたようです。
カレン州のパアン町の市内でよく見てました衛星アンテナです。パアンではタイの物がたくさん流れて来ていますので、このアンテナもタイ製です。98のタイチャンネルが見れて、最もよい事がワールドカップもヤンゴンと違って見れたり見れなかったりがなく、いつでも見れます。衛星アンテナの値段が65000チャットです。最初が10万以上でしたが、値下がりになりましたようです。
サッカーの放送時間では外へ出かける人もあまりいなく、バイクタクシーをピックアップできることも難しかったです。