ミャンマー風紅茶(ラペイエ)


今日の朝食は、ローカルの喫茶店(ラペイエ・サイン)で、シーロン紅茶と一緒にペーナンピャーを食べました。

シーロン紅茶、はじめて飲みました。

通常、ラベイエは、二層になり、下の層は、濃いコンデンスミルクで、上の層が濃い紅茶になります。それを自分で混ぜてから飲みます。甘い練乳の感じが癖になります。


シーロン紅茶は、薄いコンデンスミルクと共に牛乳も入れ、温かい紅茶の表面に牛乳の膜が浮いています。一口ずつゆっくり味わって飲みます。うまい!!あっさりしています。
注意!シーロン茶は朝だけできるようです。

以前は使う乳製品のランクにより、「普通」と「スペシャル」に分かれていましたが、最近はどこもほぼ同じ品質の乳製品を使いますので、普通とスペシャルの区別がなくなったと思います。(私が勝手に思っただけかもしれません。)

また、ラベイエの味は、甘さ加減の違いにより、5種類ほどあります。
甘い順番からいうと、

①チョー セイッ( Cho Seint )
②ポン マン ( Pon Mhan )
③ポッ セイッ( PottSeint )
④チョー チャ( Cho Kya )
⑤チャ セイッ( Kyasseint )

となります。

シーロン・ティー茶は別の注文。
すべては、茶とコンデンスミルクの調整で味を作っています。

旬の果物、セインザーウ



今はセインザーウ(Sane・Zar・O)という果物の季節です。イモ類と思いますが、果物の感覚で皮をむいて生に食べられています。今頃は旬になることで、市場や地方などへ行くと道路の両側に山ほど積もっています。少し甘味して、水分たっぷりあります。一週間くらいおくと、水分もたしょう減少してしまい、甘味がもっと出てきます。でも、生の匂いが苦手な人もいます。

ミャンマーの発酵食品


ミャンマー風の鮨と呼べるかな。ヤンゴンから離れるバゴー町の名産です。ミャンマー語では、nga chin(ンガチん)といいます。
ンガーは魚のことで、チンは酸っぱいということです。生の魚を発酵した食品で、少し酸っぱ味があります。
作り方は、まずすり潰した生の魚を、ご飯や塩で漬け込んで2、3日間ほど自然に発酵させたらンガチんができあがります。

主に使う魚はコイですが、ナギナタナマズ(ナイフフィッシュ)で作ったのはもっと美味しいです。エビを使うこともできますし、エビですと、パズンチンと呼びます。パズンはエビの意味です。

小さいフナで発酵したものは、魚の形のままに作ります。そして、バケツに大きく漬け込んでいるンガチンは必要な重さのみ買うことはできます。その他、一食分の量をバナナやタウンスンという葉に包んで漬け込んでいるものもあります。
作り方が上手なお店ですと、見た目でもきれいで、ご飯は目立たず、丁寧に美味しそうと見えます。食べごろのンガチんは美味しくて、白ご飯と似合いますが、早いうちに食べないと、2、3日間でだんだん酸っぱい味が激しくなります。

食べ方は油をかけ、スライスしたオニオン、小さく切った唐辛子とコリアンダーを加えて、サラダの感覚で作って食べられます。ほとんどのミャンマー人が好きな食べ物と言えます。

ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)



ミャンマーで海外の企業、飲食店などが次々と進出している中、米国系ファストフードチェーン「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」がダウンタウンのBogyoke Aung San マーケットの向かいに店舗を開くとのことです。これは初めてアメリカの飲食店としてミャンマーで開業する店で、フランチャイズパートナーは「ヨマ・ストラテジック・ホールディングス」という大手会社です。

YOMA Strategic Holdings はシンガポール証券取引所上場のミャンマー系投資持ち株会社です。また、不動産開発会社で、Thilawa 経済団地の近くにあるStar City やPun Hlaing ゴルフ場はYOMA の所属している一部の企業です。

開業日は6月30日を予定しているそうです。この第1号がうまく行きましたら、ヤンゴン市のほかの所にも店舗を増やす予定です。

美味しいマンゴの季節です♪♪

マンゴの季節が到来しました!!これから美味しいマンゴは毎日で楽しめます。マンゴと言えば種類もさまざまです。丸々形と細長い形のマンゴ、香りが強く甘いマンゴ、薄いマンゴ、名前もそれぞれ。
マンゴの季節ですのでどこの果物屋でもたくさんのマンゴが並んでいます。Sein Ta Lone 、Yin Gwe、Ma Chit Su、Padamya Ngamauk、Thone Lone Tataun、Pan Swe など全国をあわせるとたくさんの種類が食べられます。もちろん、種類によって値段も異なり、今は出回り始めたばかりなので高いです。

写真は、Sein Ta Lone というマンゴです。1個/800チャットです。マンゴの香りが強く濃い甘さですので人気があります。
市場でよく出回っているのは Yin Gwe 種で、値段も一番安いです。1個/300~400チャット。 Yin Gwe の青いときは非常に酸っぱくて、熟したら甘いです♪ 弱点は、粘液があり、皮むく前もむいた後もしっかり洗わないと、食べるときに口中に痒く感じます。

この写真は、Padamya Nga Mauk と言います。Padamya はルビーの意味です。大昔、ミャンマーで国一つと同じ価値があるNga Mauk というルビーがありました。Nga Mauk ルビーのように価値があると喩えてPadamya Nga Mauk と名づけられたようです。
マンゴの香りが弱く、甘さも弱いですが、上品な味がすると思います。あまり出回ってないため、値段も高く1個/1500チャットでした。
(1885年、第三次英緬戦争で破れミャンマーはイギリスの植民地となった。ティーボー王もインドに追放されました。その時、Nga Mauk ルビーはイギリス人に取られてしまいましたようです。)