ミャンマー食べ物お餅

ミャンマー食べ物お餅
餅米で作られた食べ物です。ミャンマー語では「Kauk Hyinn Htop」と呼ばれています。写真に写っている細長いものも三角のものもお餅です。餅米をバナナの葉に包んで蒸します。餅米の中にお豆やバナナ等を入っています。甘いものが好まない方々はお豆の方をオススメします。ミャンマー人はお豆のお餅を塩が入れた油と一緒に食べています。特に地方では乾季に朝飯としてよく食べています。モクモクと湯気の立っているお餅は見ただけでよだれが出てしまいます。

可愛い昆虫

「飛んで火に入る夏の虫」可愛い昆虫
乾季が始まるこの時期に様々な昆虫が出ています。「飛んで火に入る夏の虫」という話通り夜の電光にたくさんの虫が集まっきています。朝になると無くなってしまうし、ある虫は死んでしまいます。写真に写った虫はバッタと思います。小枝のような体に付いているはねが若葉のようになっています。じっと動かず、3時間位フェンスに止まっていました。

マトゥー袈裟織祭り

ミャンマー織物祭り
仏教の国であるミャンマーでは11月の下旬ごろにあたる Tasaung Mone 満月の日にマトォーティンガンの織祭りが行われます。マトォーの意味は「新鮮」、ティンガンは「袈裟」の意味です。従って、マトォーティンガンというのは新鮮な袈裟と意味します。
今週の土曜日に当たり Tasaung Mone 満月日の早朝にお釈迦様に新鮮な袈裟をお供えします。なぜ、新鮮な袈裟と言いのでしょうか?実は満月の前日夕方から糸を紡いで、機織作業を始め、袈裟を織ります。その袈裟を満月の日、夜明けにお釈迦様にお供えするのです。ですから新鮮な袈裟「マトォー袈裟」と言われているのです。
その祭りは昔からミャンマーの至るところまで行われています。現在はパゴダの境内で機織を準備して試合として行われ、女性達は3人グループで、5組~10組ぐらいまで参加しています。機織技術はミャンマーの伝統的なものでありますので、技術を衰微にならないように試合を行っているようです。

「街中スケッチ」 (アノヤター通りとパンソーダン通りの交差点)

アノヤター通りとパンソーダン通りの交差点
田舎に住んでいるので街中にはほとんど出てこない。出て来ても直ぐに田舎の町に戻るので、午後6時前にこの通りを見る機会はそうあるものではないが、友人の友人宅を訪れてその方のアパートのベランダから撮影したもの。
夕方になると道の端に小さなテーブルと椅子が置かれ、夕方からオープンする喫茶店。道端の歩道は人が歩けないほど洋服、コピーのDVD、果物売りなどの屋台が延々と続く。
丁度勤め人の帰宅時間にも重なって、人も車も多い。友人の友人には言わなかったが、こんな騒々しい場所
には絶対に住めないと思った。

ダザウンダイン祭(カティン祭)

ミャンマーの祭り、ボージョーアウンサンマーケット内(Bogyoke Market)
来週の土曜日は「タン・サウン・モン」満月日です。例年、この時期ですとミャンマーの各地で「カ・ティン」という祭りを行われ、写真の通りお坊さん用の傘、袈裟、靴等と日常生活品で飾った物(ミャンマー語はパ・デー・ター・ピン」を満月日にそれぞれの僧院へ送って寄付しています。今年も例年のように皆は寄付しています。写真はボージョーアウンサンマーケット内(Bogyoke Market)にあるものです。