文化遺産保護


ベイタノーの入り口
紀元1世紀~3世紀ごろに建設したピューの遺跡である、ハリン(Hanlin)、ベイタノー(Beikthano)、タイェーキッタヤー(Sri Kestra)はユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録申請を行っています。
この三箇所の登録された後の様子を見てからそのほかのバガン、インワ古代、タウングーなども文化遺産保護の活動に中心するようです。

麗しのペグークラブ





再び ペグークラブに行った。
100年前に建てられた、その後何度か改修されたであろう、
今は朽ち果てるのを待つように、小雨の中たたずんでいる。
もうじき改修作業が始まるのだろうか?あちこちにコンクリートのレンガが山済みされていた。
本来立ち入り禁止の建物だが、管理している人にコネを使って2度目の撮影を敢行した。
ここは英国統治時代の社交クラブである。もう1つのジムカーナー社交クラブは何度か捜し回ったが発見できないまま。当時ラングーンと呼ばれていたヤンゴンライフの英国人社会の華やかな社交の場として、2つの社交クラブは競い合っていたのだ。
第2次世界大戦中は、日本軍の将校クラブとして使われていた。久留米から芸者衆も随行していたそうである。従軍慰安婦の研究者の女性から聞いたことがある。
今は国軍の建築部の管理の下、訪れる人もなくひっそりと、朽ち果てるままに放置されている。

ヤンゴンの街角 忘れ物のに道の端にポツンと、、、

ヤンゴンの街角  忘れ物のに道の端にポツンと、、、
前々から気になっていた。今日はたまたまカメラを持っていたので、撮影できた。分英国統治時代の街灯の基礎部分だと思われる。何故ここにだけ1本のみ残されているのだろうか?
とても不思議な気がする。しかし、誰も、そんな事を気にする風もなく、街行く人も車も全くこの柱に無関心である。しかし、何で撤去されないのだろうか?結構邪魔なんじゃないかとも思えるのに、、、
1860年頃に、技師のフレーザー等の尽力で、ダウンタウンの街づくりが完成を見たというから、もしかしたら100年以上この場所に立ち続けている柱かも知れない。アノヤター通りと35通りの交差点付近。100年間、この柱は、見続けている。
英国時代、第2次世界大戦中の3年間の日本軍支配、1948年英国から完全独立ウ・ヌーの時代 (国民党の残党,共産主義者、カレン民族独立部隊 )全く統制が出来ない時代、ネーウィンによる鎖国政策 軍政と民主化運動 そして、今のミャンマー果たして、新政府は暁光をもたらすのだろうか??

最後の王妃 スーパヤーラッとコーミンコーチン通り

コーミンコーチン通りkominkochimlan_yangon
「コーミンコーチン通り」
何てこと無い写真で失礼します。タクシーを止めてパチリと撮った1枚。
コーミンコーチン通りをずっと捜していた。日本大使館があるナッマウン通りに繋がるだけを手がかりに捜していたら、今までカバエーパゴダ通りだと思っていた、シュウェダゴンパゴダ東門の前の通りと交差するアタリから、シュウェゴンダインの交差点までの短い700米くらいをコーミンコーチン通りという事が分かった。
ビルマ最後の王朝コンバウンの最後の王ティーボーミンが妻や子供と、王都マンダレーの王宮を追放され、インドのボンベイの南ラトナギリに幽閉されたのは1886年の事。1916年にティーボー王が亡くなると、王妃は許されてマンダレーには帰れなかったものの、ラングーン(ヤンゴン)のコーミンコーチン通りに、亡くなるまで住んでいたという。 ほとんど100年前の出来事である。
直ぐ近くにあるシュウェダゴンパゴダが大きな慰めになった事だろう。
ティーボー王と王妃スーパヤーラッ
随分前、多分10年近く前に買ったBurmahという英文の写真集(スコットランドで上梓され、1855年から1925年のビルマを撮影)に、シュウェダゴンパゴダで撮影された、ティーボー王と王妃スーパヤーラッの写真を見つけた。写真集の中にもう1枚「王と王妃」と題した写真が彩色されポストカードになって掲載されていた。

やはり色ツキのほうがきれいだなぁと思って、見ているうちにこちらの写真は王夫妻ではない事が分かってきた。多分 モデルを使ってスタジオで撮られたものである。
王妃役もふくよかな美人で王もキムタクばりのハンサムである。王の役は当時超人気のミンター(役者)ポーセインではないかと思う。因みに、王子も役者(男)も、ミャンマー語では同じ「ミンター」と言う。王女と女優も同じで「ミンタミー」

王妃 スーパヤーラッは、コーミンコーチン通りの住まいで、何を見、何を感じて最晩年を過ごしていたのだろうか?

☆英国人の社交場ペグークラブ

ペグークラブ
次に驚いたのは、英国統治時代、英国人の社交の場だったパゴー(ペグー)クラブを初めて見つけた事だ。
 ダウンタウンから行くと国立博物館の一つ手前の路地を右に曲がると、ロシア大使館の無味乾燥な門扉の前に、パゴークラブは、その百年前の姿を残しつつ、朽ち果ててまぼろしのように陽光の中に佇んでいた。
一応警察官が詰め所にいたが、「撮影していいか?」と聞くと、「いいともいけないとも言えない」と弱弱しく言うので、2000KSを、手の中に押し込んで中にズンズン入っていって撮影した。
大きな玄関かホールのような建物が向こうに見えたが、数匹の犬がうるさく吠えるので、遠くからの撮影になった。どうもそこが入り口だと思うが犬が怖くて近寄れなかった。
ペグークラブ
多分英国時代は、ピィーロードから直接入れる構造だったのではと思う。そして思い出したのは、以前福岡在住のM女史(従軍慰安婦の研究家)から、ここが日本軍が占領時、ヤンゴン市内6箇所あった慰安所の一つだと聞いていたのだ。久留米から芸者衆も何人が来ていたと言う話である。
慰安婦のことを書いて思い出したのは、それより以前に明治時代に、1890年以降1920年代まで、ミャンマーの地に「から行きさん」と呼ばれる女性達が、累計すると数百人いたという。その中にはこの地で命を落とした女性も少なからずいた事と思う。
その人達の墓が、トレーダーズホテルの駐車場の横、スーレーパゴダ通りに面した今は有料トイレが設置してある場所にあったという話を聞いた。そんな一等地にと最初は信じられなかった。
最近読んだ土橋泰子先生の著書「ビルマ万華鏡」にも、ピィーロードとタムウェの2箇所に日本人墓地があり、1998年11月に、ミンガラドン地区に移転されたとある。
ペグークラブ
しかし、から行きさんの墓の話は、まるで聞いたことが無く、実はサクラタワーで歯科クリニックを開いている、博識のウ・トントントゥエに聞いたのだが、やは
り多くの日本人が、から行きさんを日本人墓地に入れたくなかったのではないかと推測できる。
死んでからも差別された女性達の遺骨は、果たして新しい日本人墓地に葬られたのだろうか?タムウェの元の日本人墓地は、かなり荒れ果てていたようで、私がミャンマーに来た1998年に移転されるまで、今現在去年2010年5月に大火事で燃えたミンガラー市場がその場所だったと聞いた。